akのもろもろの話

大人の漫画読み

本/「ルーヴルの猫」松本大洋

(松本大洋「ルーヴルの猫」上下巻) パリのルーヴル美術館は世界で最も入場者数の多い美術館で毎年800万人を超える人が訪れる。 2012年には年間来場者数が一千万人を越えそのうち7割は海外からというパリ観光の代表的なスポットだ。 数々の名作だけ…

漫画/「インハンド」04 朱戸アオ

(朱戸アオ「インハンド」4巻) 自然豊かな山あいの村・久地木村へフィールドワークに出た紐倉一行である。 山でトラップを仕掛けて野ねずみを捕らえ寄生虫を調べると言う紐倉は「新種の吸虫を見つけるぞ」とか楽しそうだ。 潤月は民宿の主人に教わりながら…

漫画/「不滅のあなたへ」13 大今良時

(大今良時「不滅のあなたへ」13巻) 不死身の体を持ち、どんな姿にもなれ、どんな物でも作り出す不思議な力を持った存在「フシ」。 フシを作り出し時にフシに助言を与え時に傍観しながら、今だ明かされない世界の理を知る正体不明の存在「観察者」。 そし…

漫画/「ゴールデンカムイ」22 野田サトル

(野田サトル「ゴールデンカムイ」22巻) 遅ればせながら6月19日発売の「ゴールデンカムイ」22巻の感想をば。 世の中がコロナや豪雨災害で大変な時ですが、あたしにも家族の病気という試練が訪れて先月からなかなかブログが更新できませぬ。 まあそんな…

漫画/「私の少年」8  高野ひと深

(高野ひと深「私の少年」8巻) 以前書いた感想はコチラでございます。 www.akirainhope.com 真修は高校生になったのお。 「私の少年」は18才も年の離れた大人の女性と少年の交流を描いたものだ。 二人が出会った時は聡子は30才で真修はまだ小学生だった…

漫画/「町田くんの世界」安藤ゆき

(安藤ゆき「町田君の世界」全7巻) 町田くんは16才の男子高校生。 地味で物静かなメガネ。 見た目は勉強できそうだけどできない&運動苦手。 真面目だけど要領が悪くて不器用。 という全然モテ要素のない男の子。 でもなぜだか彼は周りの人たちから愛さ…

漫画/「人の息子」あのあやの

(あのあやの「人の息子」既刊1巻) 鈴木旭(31才・独身・漫画家)には3年前の雪の日に忘れられない思い出があった。 その頃子供好きの鈴木は保育士をしていたのだが、一人の園児の母親がいつまで待っても迎えに来なかったのである。 5才の男の子高嶺く…

漫画/「亜人」16  桜井画門 

(桜井画門「亜人」16巻) 亜人はどう生まれたのか? 佐藤さんとの決着はつかないまま、舞台はいまだに入間基地である。 基地の内部は、永井くんが起こしたフラッド現象により大量のIBMが放出されてビックリなのに、嬉々として同調した佐藤さんのせいで、禍…

漫画/「血の轍」第8集 押見修造

(押見修造「血の轍」第8集) たぶん静子ママのセーラー服姿が表紙の第8集。 「血の轍」は中学2年の静一と母親の静子との母子関係を描いた作品で、母親はいわゆる毒親である。 母親は第①集で登場した当初は中学生の子がいるとは思えないほど若く可憐に描…

漫画/「夏目アラタの結婚」乃木坂太郎

(乃木坂太郎「夏目アラタの結婚」既刊2巻) 世の中には色んな形の結婚があると思うけど、ここに登場するのは獄中結婚でして、なんとヒロインは死刑囚なのだ。 たとえ死刑囚であっても婚姻の権利はあるのだが、死刑囚と結婚する人の心理ってフツーの人には…