akのもろもろの話

大人の漫画読み

漫画/「アンダーニンジャ」11巻 花沢健吾 感想(ネタバレ)

実は忍者は今でも存在していて秘密裡に暗躍している。 現代に生きる忍者奇譚「アンダーニンジャ」は週刊ヤングマガジンにて2018年から連載中。 (「アンダーニンジャ」11巻 花沢健吾 講談社ヤンマガKC) アニメ化だなんて、あのシーンはどうするのかしら? …

漫画/「不滅のあなたへ」⑳ 大今良時 感想(ネタバレ)

「不滅のあなたへ」は「週刊少年マガジン」にて2016年から連載中。 不死身の体を持ち、どんな姿にもなれ、どんな物でも作り出す不思議な力を持った存在「フシ」の物語。 第一部「前世編」第二部「現世編」に続き、第三部「来世編」が始まったのよ。 (「不滅…

最近読んだ漫画の感想まとめ(箇条書き)

「暑すぎる!」とぼやいてばかりいたら、もう8月も終わりじゃないですかー! とりあえず恒例化しようと思ってる「最近読んだ漫画の感想まとめ」を箇条書きにしててみたのでおつき合い下さいませ。 ちったあ涼しくなってくれよー (「メイドインアビス」12巻…

漫画/「ここは今から倫理です。」➇ 天瀬シオリ 感想(ネタバレ)

「ここは今から倫理です。」は2016年より「グランドジャンプPREMIUM」→「グランドジャンプむちゃ」で連載中。 高校で倫理を教える高柳先生が、今時の高校生たちのお悩みに独特のスタンスで向かい合う教師物語。 倫理とは何か? 倫理とは「あるべき姿」。 だ…

漫画/「ドリフターズ」⑦ 平野耕太 感想(ネタバレ)

「ドリフターズ」は少年画報社「ヤングキングアワーズ」にて2009年から連載中の漫画 歴史上の人物がファンタジー世界に転移して戦う異世界トリップもの ちなみに「ドリフターズ」とは全員集合ではなく、英語で「漂流者、放浪者」などの意味よ(一応) (平野…

漫画/「宮本から君へ」新井秀樹 感想

「宮本から君へ」は講談社モーニングにて1990年~1994年にかけて連載 1992年に第38回小学館漫画賞青年一般部門を受賞した 文具メーカーの新入社員で仕事にも恋にも不器用な男・宮本浩が営業マンとして成長していく青春ストーリー (新井秀樹「宮本から君へ」…

漫画/「特攻の島」佐藤秀峰 感想

佐藤秀峰は「海猿」や「ブラックジャックによろしく」などヒューマンな漫画作品で有名な人 「特攻の島」は芳文社「週刊漫画TIMES」にて2004年から2017年まで不定期連載された 太平洋戦争末期の「回天特別攻撃隊」を描いた戦争漫画の傑作よ (佐藤秀峰「特攻…

映画/「黒い雨」懐かし映画感想

映画「黒い雨」は1989年公開の日本映画 原作は井伏鱒二の同名小説 放射能の二次被爆の恐ろしさや被爆者への差別などを、声高に訴えるでもなく、モノクロ映像で淡々と見せる (「黒い雨」1989年/今村昌平監督/123分) ピンぼけ写真でごめんなさいね 被爆後遺…

芸術新潮8月号「青池保子騒がしき男たちとマンガの冒険」

7月25日発売の「芸術新潮」8月号を表紙に惹かれて買っちゃった。 「エロイカより愛をこめて」の伯爵と少佐。 特集は「青池保子騒がしき男たちとマンガの冒険」。 70年代の大人気作「エロイカより愛をこめて」あるいは80年代の「アルカサル-王城-」を描い…

漫画/「艮(うしとら)」山岸凉子 感想(ネタバレ)

「艮」は今月発売の四つの短編からなる山岸凉子ホラー作品集。 【収録作】 「艮」講談社モーニング2014年2・3合併号~6号 「死神」幻冬舎comicスピカ2014年5月・6月号 「時計草」小学館ビッグコミック2018年12号 「ドラゴンメイド」講談社モーニング2021年46…

漫画/「蘇州夜曲」森川久美 もう一度読みたい名作漫画

水の蘇州の花散る春を惜しむか柳がすすり泣く 昭和初年。 広大な中国大陸を後ろにひかえ国際都市として繁栄する上海。 そこは各国スパイが暗躍し犯罪シンジケートがしのぎを削る、東洋の魔都であった。 (森川久美「蘇州夜曲」) あたしは70~80年代の古い少…

漫画/「波よ聞いてくれ」⑩ 沙村広明(ネタバレ)感想

4月発売のコミックス⑩巻の今さら感想。購入したまま感想書くのを失念しておりました。 2014年に連載が始まった「波よ聞いてくれ」えーもう⑩巻なのですねー 今回は酔いどれ女が2人して雪の北海道で朋輩を救出しに行く話。 クマも冬眠中の極寒の2月、のはずが…

最近読んだ漫画の感想まとめ(箇条書き)

とりあえず、今月読んだ漫画の感想を箇条書きでしたためるナリ。 (芥見下々「呪術廻戦」23巻) 呪術廻戦㉓巻 芥見下々 ・ジャンプを引っ張る人気作品。アニメ2期も開始 ・九十九由基は4人しか存在しない特級呪術師のひとりで天元を狙い薨星宮(こうせい…

映画/「天城越え」懐かし映画感想

1983年(昭和58年)の松本清張の短編小説が原作のサスペンス映画。 (1983年/99分/三村晴彦監督) あなたと越えたい天城越え 静岡で印刷屋を営む小野寺(平幹二郎)のもとへ田島と名乗る老人(渡瀬恒彦)が訪れ、ある印刷を依頼するがそれは「天城山の土工殺…

漫画/「後ハッピーマニア」④ 安野モヨコ 感想(ネタバレ)

いやもう愛とか不倫とか共感できるのは加齢しかないけど面白い かつて90年代を席巻した伝説の漫画「ハッピーマニア」の続編。 15年後のシゲタカヨコは45才でフクちゃんは51才である。 いやいや誰でも年は取りますよ。 問題は「結婚=ハッピーじゃなかった」…

漫画/「みちかとまり」田島列島 感想(ネタバレ)

(田島列島「みちかとまり」既刊1巻) 田島列島最新作!この帯だけでもう売れそう まずは、ザックリとあらすじをば。 長閑な田舎に暮らす8才のまりが、竹やぶで出会った不思議な少女がみちかちゃんだ。 みちかちゃんは竹やぶに落ちていた。 ってか、もう人間…

ディアギレフとニジンスキー/BL日記⑤

天才ダンサーの裏切りを許さなかったパトロン 1890年、ヴァーツラフ・ニジンスキーはロシア帝国キエフ(現ウクライナ)に生まれた。 両親はポーランド人でドサ回りのダンサー。 3人兄妹の真ん中で、幼い頃に父親は若い愛人と出奔してしまった。 9才でサンク…

映画/「さらば、わが愛 覇王別姫」懐かし映画感想

7月に4K版が全国で順次公開!スクリーンでレスリーに会わねば 幼い頃から京劇養成所で厳しい訓練を受けながら兄弟のように育った2人。 しかし子どもを京劇役者として育てしかも至難の芸を身につけさせるというのはまさに極限の行為である。 過酷な指導は子…

漫画/「大乱 関ヶ原」宮下英樹 感想

4月に①巻が刊行されてて感想を書くつもりだったのに失念しておりました 「センゴク」の宮下英樹の新作。 これは「センゴク」外伝とかではなく、新たな物語としての「関ヶ原の戦い」を描くつもりらしいです。 とはいえ、キャラは全く「センゴク」でございます…

漫画/「光が死んだ夏」感想

(モクモクれん「光が死んだ夏」既刊3巻) 「光が死んだ夏」なんだか陳腐な青春漫画みたいなタイトルだね などと思いながら、あたくし開いたのですが衝撃の滑り出し。 冒頭いきなり黒髪の少年が蝉しぐれの中でアイスを食べながら 「お前やっぱ光ちゃうやろ…

漫画/「セシルの女王」こざき亜衣 感想

「俺が君を守ってあげる」少年の初恋がちょっと青臭いけど 先月イギリスでは国王チャールズ3世の戴冠式が行われ歴史と伝統を感じさせる豪華絢爛な儀式でしたね。 自分には関係ありませんがイギリス国民からの人気はどうなんですかね? お母さんのエリザベス2…

映画/「必死剣鳥刺し」懐かし映画感想

死んだと見えた主人公が一瞬で繰り出す秘剣がかなりのスゴ技 仕掛人・藤枝梅安役がハマってた豊川悦司さん主演の2010年の映画作品。 原作は藤沢周平の隠し剣シリーズの一篇「必死剣鳥刺し」。 江戸時代の東北の小藩・海坂藩が舞台です。 (「必死剣鳥刺し」2…

梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安 (五) 池波正太郎/BL日記④

北山彦八と田島一之助 (池波正太郎「梅安乱れ雲」仕掛人・藤枝梅安⑤) なんといってもシリーズ最大の悪役は白子屋菊右衛門です。 菊右衛門は大阪から京にかけて一大勢力を持つ香具師の元締めでして、江戸進出を企み音羽の半右衛門と対立しています。 かつて…

漫画/「ダーウィンクラブ」➄ 朱戸アオ(ネタバレ)感想

ダーウィンクラブのルールが怖すぎた! 朱戸アオさんの新刊が出たら必ず買うんですが、現在連載中の「ダーウィンクラブ」ついに➄巻が出ましてもうチョー面白いです。(なんて頭の悪そうな感想) まずこれまでの話をざっと書いておきますと、世界中に経済格差…

漫画/「平和の国の島崎へ」原作 濱田轟天・画 瀬下猛 感想

日本は平和ぼけな国だと言うんですが、それは重大な問題だと思い始めたのよ。 「北朝鮮からミサイルが飛来するからただちに避難しろ」って言われてもアータ!いったいどこにウクライナのような身を守れるシェルターがあるのかな。 避難所はあってもそこはシ…

義満と世阿弥/BL日記③

京都駅からバスで10分弱の「今熊野」バス停で下車したら、南の方角に森のように見える一画が平安時代末期に後白河法皇によって創建された新熊野神社です。 永和元年(1375)この場所で劇的な出来事がありました。 時の将軍足利義満と観阿弥・世阿弥父子の出…

映画/「ベニスに死す」懐かし映画感想

(「ベニスに死す」1971年/ルキノ・ヴィスコンティ監督/130分) 仄暗い夜明け前の海を蒸気船は黒い煙を吐きながら静かに進んでいきます。 マーラーの交響曲第5番第4楽章Adagiettoが厳かに流れる1911年のベニスです。 映画の代名詞のようになったこの名曲は、…

漫画/「これ描いて死ね」③(ネタバレ)感想

「マンガ大賞2023」受賞ということで4月発売の3巻の感想をなんとなく書いときます。 (とよ田みのる「これ描いて死ね」3巻) ゆうてこの絵柄を見ただけで普段なら絶対買わんと思ふね。 舞台は伊豆王島という東京の離島でしてね、主人公の安海相(やすみあ…

漫画/「昭和天皇物語」⑫ 能條純一 感想

1936年(昭和11年)2月26日、日本を揺るがす未曽有のクーデター未遂事件「二・二六事件」が勃発しました。 陸軍の「皇道派」に属する青年将校22人が約1500人の部隊を率いて武力蜂起したのです。 (能條純一「昭和天皇物語」12巻) 二・二六事件の背景にあっ…

漫画/「恋じゃねえから」渡辺ペコ 感想

ある日土屋茜(40才・主婦)は、中学時代の学習塾の講師だった今井先生が彫刻家になっていることを知ります。 彼が発表した「少女像」という作品は、茜の中学時代の親友・川瀬紫(ゆかり)の姿にそっくりに見えました。 26年も前の、紫の姿と苦い記憶が、茜…