akのもろもろの話

漫画大好きakの覚え書帖

漫画/「銀の匙silver spoon」荒川弘 

これは、果てしなく広がる大自然に囲まれて汗と涙と土にまみれた農業高校生たちの異色の青春物語です。 青春なんてないやろ~、動物のウンコしかないやろ~とか思ってたら大間違いでした。 (荒川弘「銀の匙silverspoon」既刊14巻) この作品の舞台は北海道…

小説/「サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった」中川右介

2010年代に入ってからウルトラシリーズ、仮面ライダー、ガンダム、あるいはベルバラ、ポーの一族などが40、50周年を迎えている。逆算すれば分かるが、これらの大半は1970年代に始まったのだ・・・・ (中川右介「サブカル勃興史すべては1970年代に始まった」…

漫画/「ゴールデンカムイ」17巻 野田サトル 

ゴールデンカムイは明治時代末期の北海道が舞台です。 「不死身の杉元」という異名を持つ日露戦争帰りの杉元佐一とアイヌの少女アシㇼパが網走監獄の死刑囚が隠した莫大な埋蔵金を探す壮大な物語です。 (野田サトル「ゴールデンカムイ」17巻) ロシアに密入…

漫画/「呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校」0巻 芥見下々

わたくしここ数年「週刊少年ジャンプ」はなんとなくコンビニで立ち読みしてたのですが、「呪術廻戦」はとても面白くてまたジャンプを毎週買うようになったのです。 0巻は現在連載中の「呪術廻戦」の前日譚です。 本編では名前だけで謎の特級の人だった乙骨…

アニメ/「どろろ」 

アニメ「どろろ」が面白いです。 原作はもちろん漫画の神様・手塚治虫の名作漫画ですが、50年振りの再アニメ化なんですって。 すごい古いのね~ そんな半世紀も前の作品を現代に蘇らせるってすごい事よね。 やっぱ50年振りだから何やら気合のような物が…

舞台「仮面ライダー斬月」ー鎧武外伝ー

舞台「仮面ライダー斬月」ー鎧武外伝ーを見ました。 仮面ライダー鎧武の放送からもう6年、満を持しての仮面ライダーの初舞台化です。 記念すべき初の演劇作品化に選ばれたのは、鎧武の中に登場する仮面ライダー斬月。 我らがメロンの君でございますよ~ さ…

漫画/「監視官常守朱」三好輝 

アニメが面白いので「PSYCHO-PASSサイコパス」一期のコミカライズを読んでみました。 2012年にジャンプスクエアに連載された作品です。 (三好徹「監視官常守朱」全6巻) 西暦2112年の日本ではシビュラシステムの導入により、人間の心理状態や性格…

漫画/「不滅のあなたへ」大今良時 

「不滅のあなたへ」は「聲の形」の大今良時が週刊少年マガジンにて2016年から連載している作品です。 私はマガジンの中ではこの作品が好きです。 (大今良時「不滅のあなたへ」既刊8巻) 何者かによって地上に投げ入れられた「球」。 その球体は、地上の…

漫画/「ゴールデンゴールド」堀尾省太

「ゴールデンゴールド」は、月刊モーニングツーにて2015年から連載されている堀尾省太の作品です。 舞台は瀬戸内海の、かつては福の神の島と言われていたという「寧島(ねいじま)」という架空の島です。 (堀尾省太「ゴールデンゴールド」既刊5巻) この物…

漫画/「蟲師」漆原友紀 

「蟲師」は1999年から2008年に発表された漆原友紀の作品です。 蟲とは、昆虫ではなく動物でも植物でもない生命の原生体に近い物たち。 蟲が起こす怪異を研究しその知識を生かして生業としている者が蟲師です。 (漆原友紀「蟲師」全10巻) 蟲師のギンコは…

漫画/「秋日子かく語りき」大島弓子 

「秋日子かく語りき」は1978年に週刊少女コミックに発表された作品です。 人は死んだらどこへ行くのでしょうか? 違う人間に生まれ変わって、もう一度生きる事なんてできるのでしょうか? あらすじはと言いますと冒頭二人の女性が登場します。 蓮畑の前でた…

仮面ライダーギルスの話

芸能人ネタには疎い私の耳にも入って来た、「純烈」の友井雄亮さんの脱退引退騒動。 何でも複数の女性に対するDVと預金使い込みと不倫だっけ? 報道されてた多重女性問題は事実だったって事で本人も認め「純烈」からの脱退と芸能界引退という決意を示したら…

「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」も見たし平成も終わるからクウガについて書いとこう!

「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」を見た。 仮面ライダークウガから始まって現在放映中の仮面ライダージオウまで、平成を戦い抜いた仮面ライダーの歴史も終わるのね。 仮面ライダージオウチームと仮面ライダービル…

漫画/「アドルフに告ぐ」手塚治虫 

(手塚治虫「アドルフに告ぐ」全5巻) 1936年8月、ベルリンオリンピック。 歴史に残る大江・西田・メドウスの棒高跳び決勝が行なわれている頃、ベルリン大学近くの下宿で一人の日本人留学生が殺された。 アドルフ・ヒットラーの出生にまつわるある秘密を握…

「悪魔のようなあいつ」デカダンでバイオレンスな沢田研二

正月暇だったので、「悪魔のようなあいつ」をアマゾンプライムで有料視聴した。 昨年何かと話題だった沢田研二さんが1975年に主演したテレビドラマだ。 なんかもーね、面白かった。 あと若き日の沢田さんが超絶かっこよくて、て言うかもー美しいのよ。 …

漫画/「私の少年」高野ひと深 

(高野ひと深「私の少年」既刊5巻) 多和田聡子は今年で30歳。 独身で一人暮らし、職業はスポーツメーカーの営業職だ。 聡子は仕事もできるし同僚からの信頼も厚いきちんとしてる女性だ。 ベタベタ甘えたり誰かに依存したりしない、いつも冷静でドライである…

漫画/「阿・吽」おかざき真里 

日本の仏教界の2大巨頭とも言うべき最澄と空海を描いた漫画。 おかざき真里の「阿・吽」を読んでみた。 (おかざき真理「阿・吽」既刊8巻) 物語は1571年、織田信長の比叡山焼き討ちのシーンから始まる。 比叡山延暦寺は最澄が建立した寺である。 さてその80…

漫画/「血の轍」押見修造 

毒親って知ってますか? 押見修造「血の轍」はまさにその毒親を描いた漫画です。 (押見修造「血の轍」既刊4巻) この作品はビッグコミックスペリオールに2017年から連載されているのだが、タイトルからしてなんだか気が重くなりそうだよね。 登場するのはひ…

漫画/「ギャングース」肥谷圭介 

(肥谷圭介「ギャングース」全16巻) 最近、実写映画化された肥谷圭介の「ギャングース」はなんか考えさせられる漫画だ。 ここに登場する18歳の少年、カズキ・サイケ・タケオの3人は犯罪集団だけを狙うタタキ屋(窃盗団)である。 それは別に義賊とかじゃな…

初めましてのご挨拶にかえて 平野耕太「ドリフターズ」が面白い

はじめまして。 akと申します。 自分は漫画が好きです。 なので漫画の感想を書きますのでよろしくお願いします。 さて、最近第6巻が発売になった平野耕太の「ドリフターズ」が面白いです。 (平野耕太「ドリフターズ」➅巻) まずはザックリあらすじから・・…