akのもろもろの話

いつも漫画ばかり読んでた「漫画とかの覚え書帖」

アドルフに告ぐ 手塚治虫 それぞれの正義とは何なのだろうか

皆さま、ごきげんよう

人呼んで「マンガの神様」手塚治虫はその生涯で15万枚700以上のタイトルの漫画原稿を書いたとされます。

手塚治虫の作品で好きなのはどれですか?

自分もいくつかありますが、なかでも晩年の傑作と言われる「アドルフに告ぐ」は好きな作品の中の一つです。

この漫画が訴えてくるものはすごく深いんですよ、という話。



f:id:akirainhope:20190105112818j:plain

全5巻


あらすじ

 

1936年8月、ベルリンオリンピック

歴史に残る大江・西田・メドウスの棒高跳び決勝が行なわれている頃、ベルリン大学近くの下宿で一人の日本人留学生が殺されてしまう。

アドルフ・ヒットラーの出生にまつわるある秘密を握ったからだ。

 

この物語には3人のアドルフが登場する。

一人目は言わずと知れた、ナチス・ドイツの指導者アドルフ・ヒットラーだ。


f:id:akirainhope:20190105112923j:plain

[引用元「アドルフに告ぐ」]


そしてあとの二人は日本の神戸に住んでいる。

ユダヤ系ドイツ人のパン屋の息子、アドルフ・カミル。


f:id:akirainhope:20190105113153j:plain

[引用元「アドルフに告ぐ」]


ドイツ人の父と日本人の母を持つ、アドルフ・カウフマン。


f:id:akirainhope:20190105113323j:plain

[引用元「アドルフに告ぐ」]


この時代、日本に住んでる外国人に対しての日本人のバッシングって強烈なんす。

カウフマンなんて優しい子なんで日本人の子供からいじめられて泣いて帰って来るんす。

カミルの方は懸命に日本人になりきろうと頑張ってるけど、その頑張りを日本の子供は認めないんだね。

子供の世界でも何かにつけて差別される。

でもカミルは強い子なんで、いじめられてるカウフマンを助けてくれたり励ましてくれたりして、二人は親友なんだよ。

 

ところが日本の総領事館員のカウフマンの父親はナチス党員だから、劣等民族のユダヤ人とはつきあうなって厳しくたしなめてくるわけ。

ここは日本だからあいつら無事でいられるけど、ドイツではまともな暮らしは出来ない身分なんだぞ、って言うの。

カミルとは仲良しなのになんで?

その時まだ小さかったカウフマンには父親の言ってる意味が理解出来なかったのだ。

 

 

 

ゲルマン民族の優越と反ユダヤ主義で、ユダヤ人を迫害しこの世から抹殺しようとするヒットラーに実はユダヤ人の血が流れていた・・・・!!

 

 

ヒットラー出世の秘密を示す証拠書類はひそかに日本へ送られ、殺された留学生の兄であり新聞記者の峠草平の手に渡る。

その為、峠はゲシュタポのランプと日本の特高警察の赤羽からも追われる事になり、勤めていた通信社も辞めさせられ住む場所も失くし追いつめられて行く。

 

1939年9月、ドイツ軍のポーランド侵攻によって第二次世界大戦が勃発する。

 

ドイツに留学したアドルフ・カウフマンは優秀なナチス将校となっていた。

神戸に住んでいた頃は高圧的な父親に怯え、優しい日本人の母親に甘え、ユダヤ人を嫌いになれと教えるヒットラーユーゲントには入りたくないと涙を流した彼。

 

父の死去にともない母と別れひとりぼっちでドイツにやって来たカウフマンは、大人になるうちに、純粋なドイツ民族の血を賛美する教育の中で日本人との混血である事に悩まされる。

そしてカミルとの友情に苦しみながら、やがてはユダヤ人迫害へと手を染めるようになってしまうのだ。

 

 

一方、神戸に住むカミル一家にもユダヤ人迫害の手は刻一刻と迫ってきていた。

 

 

 

 感想

アドルフに告ぐ」は、1983年から1985年に漫画雑誌ではなく週刊文春で連載されていた。

「アドルフ・ヒットラーにはユダヤ人の血が流れている」という説を前提として描かれているが、これは手塚治虫の創作ではなく昔こういう説が本当にあったらしい。

現在ではこの仮設は否定されているのだが、もしこれが事実ならばヒットラーはこの汚点を必死で隠そうとしたに違いない!

という発想から出発した手塚治虫が、日本とドイツを舞台にナチス・ドイツ興亡の時代に肉薄するような綿密な設定で描いた歴史漫画だ。

 手塚治虫はストーリー漫画の第一人者だと言われるが、この作品も実によく練れてて読み応えがあるんである。

最近の週刊連載の漫画が、取って付けたような展開になったり途中から迷走したりキャラを死なせるべき時に死なせられないのとか見てると、なんか苦々しく思う昨今なんである。

それにキャラクター至上主義とゆうか、確かに魅力的なキャラクターが登場する事は面白い漫画の条件だとは思うよ。

でもキャラ設定とか世界観も大事だけどもっとストーリーも練ってよ、って言いたい。

まあ文句言いながら結局読むんだけどね。

 

 

手塚治虫宝塚市出身だから神戸は目と鼻の先であり、作中でも戦前戦後の神戸の町が写実的に描かれている。

自らの戦争体験もあるから、B29の焼夷弾が神戸に落ちる場面などはリアルだ。

空襲警報が鳴って防空壕の中に入り息を潜めていると、上空にB29が飛んでくるゴォンゴォンていう不気味な太鼓のような音が遠くから響いて来るのだ。

その音が段々大きくなって来ると防空壕の中の人たちに緊迫感が走り、顔を伏せて祈っている人もいる。

自分の真上で爆弾を落とされたらすべてが終わってしまうからだ。

その音が通り過ぎて行くと、良かったとホッとするわけだがその爆弾はどこか違う場所で落とされるんである。

今日は助かったけど明日こそは自分の町かもしれないのだ。

 

なんて嫌な時代なんだろう。

男は皆戦争に取られ子供たちは田舎に疎開させられて、町には女と年寄りしか残っていない。

寡婦となったカウフマンの母親が自宅を改装してドイツ料理店を開こうとすると、「物価統制令管理闇価格査察委員」とかいうじいさんがやって来て、国民がひとしく窮乏に耐えてる時に非常識だと威張りだし、スープか雑炊しか出せなくなる。

日本生まれで日本人の小学校に通ったカミルの恩師である小城先生は、反戦的な詩を書いただけでアカだと決めつけられ特高につけ回される。

「銭湯の冗談も筒抜けになる」とまで言われた特高の監視や取り締まりの恐ろしさ。

特高ゲシュタポの執拗で非人道的な行為は、手塚治虫の丸っこいタッチを持ってしても見るに耐えないほど残酷なのだ。

 

けれどそんな暗い抑圧された時代であっても、人は恋をするし女は赤ん坊を産むんだよね。

手塚治虫反戦への願いと、戦いを知らない新しい生命が育って行くというね。

戦争で何もかも失くしてしまっても、精一杯生きようとする人間の姿が素晴らしいんである。

そして日本とドイツで、アドルフ・ヒットラーの極秘文書を巡って翻弄される様々な人たちの人生と、二人のアドルフの運命の物語なわけだ。

 

 

ユダヤ人を嫌いになりたくなかったのに、ドイツへ渡りアドルフ・ヒットラー・シューレ(ナチス幹部を養成する学校ね)へ入学して、そこで段々と変わっていくカウフマンを見ているのはつらい。

優しい子供だったカウフマンは絶えず苦悩し続け、偶然再会したカミルの父親を殺してしまう。

純血のドイツ人でないが為に自分の忠誠が疑われていると感じ、それはユダヤ人を殺す事でしか証明できなかったからだ。

日本にいるはずのカミルの父親がドイツにいるはずない、別人だ、と自分に言い聞かせながら、次々とユダヤ人殺害へと手を染めるようになってしまう。

やがてヒットラーのお気に入りとなり側近となったカウフマンは、ヒットラーの人柄や孤独な側面を間近で見るようになり、ついには出生の秘密を知ってしまうのだ。

 

 

自分にユダヤ人の血が入っているからこそ、ヒットラーは狂ったように悩んでいるんだ・・・

 

自身も異民族との混血であるカウフマンは、そんなヒットラーを憐れみ何としても自分が総統を守らねばならぬと決意する。

それこそ、命懸けで人生のすべてをかけて。

 

その結果、カウフマンはユダヤ人も日本人も見下す、骨の髄までナチズムに支配されるようになってしまう。

だからヒットラーが死に戦争が終わると国家もイデオロギーも無くなって、身を粉にしてやっと手に入れた文書はクズ同然となり何もかもを失ってしまうのだ。

自分は今まで何をしてたんだ。自分はまったく哀れなピエロだと嘆くカウフマンを、皆茫然と見ているだけだ。

 

 

 

でも手塚治虫がすごいと思うのはここで終わらせない所。

戦争は終わっても歴史は続いて行く。

 

第二次世界大戦が終わってナチスが崩壊するとユダヤ人難民たちは、自分たちの祖国をパレスチナに建設しようとした。

そして国連はそれを認めたんである。

1948年にユダヤ人がイスラエル共和国を建国したパレスチナの地には、もともと宗教も風俗もユダヤ人とは異なる民族アラブ人が住んでいた。

彼らがすんなりとイスラエルの建国を認めるわけがなかった。

アラブ諸国の軍隊はたちまちイスラエルに侵攻し、こうして宿命の長い長い紛争の火蓋がきられたのである。

果てしない攻防戦と限りなく破壊される町と無差別なテロと多くの人の死と報復と・・・

 

ユダヤ人はやっと手に入れた祖国を守る為に、アラブ人は自分たちが住んでいた土地を取り返す為に、それぞれの正義をふりかざし戦った。

皮肉にも、かつてはナチの残虐行為に追われ被害者だったはずのユダヤ人が、今ではナチス以上の残虐行為を行う加害者となってしまっているのだ。

 

 

カミルはイスラエル建国にその身を捧げ、カウフマンはナチスの残党狩りから逃れながらパレスチナ解放戦線に身を投じる。

子供の頃親友だった二人がそれぞれの人生を生きた結果、数奇な運命により今は敵同士となったのだ。

 

カミルとの対決を前に「おれの人生は何だったんだろう」と一人つぶやくカウフマンが哀れでしょーがない。

心優しい少年だったのに、ナチス・ドイツで間違った教育を受けて冷酷に変貌していったカウフマンもまた被害者なのだろうか。

でも間違っていてもいなくても子供だった彼に選択肢など与えられなかった。

カウフマンは自分の置かれた環境で懸命に生きるしかなかったのだ。

だが、そう言うには彼はあまりにも多くのユダヤ人を殺し過ぎちゃったんだよね。

 

正義って何だろうね。

 

おまえの正義はオレの正義じゃねえぜっつって、いつまでも平行線のまま。

正義のためなら殺人も正当化されるのか。

自分たちに正義があることを証明するためには、戦争に勝つよりほかないんだろうか。

でも正義が戦争の勝利で証明されるなんて考えは間違ってると思う。

 

大人はその事を子供にどうやって教えればいいんだろうか。

それこそが手塚治虫がこの作品の中で言いたかった大きなテーマだ。


f:id:akirainhope:20190105113506j:plain

[引用元「アドルフに告ぐ」]