akのもろもろの話

大人の漫画読み

映画

映画/碁盤斬り 感想 時代劇愛好者の悲喜交々

柳田格之進(草彅剛) 浪人。囲碁の名人 お絹(清原果那) 格之進の娘 萬屋源兵衛(國村隼) 大店の旦那 弥吉(中川大志) 顔がいいだけの萬屋の手代 身に覚えのない罪を着せられ故郷の彦根藩を追われた柳田格之進は江戸で浪人となり、娘のお絹と2人絵に描い…

漫画/「デリシャス・アンダーグラウンド~国際人材バンクより」原作 石井光太 漫画 杉本亜未(ネタバレ)

月刊コミックバンチ(新潮社)で2023年に連載された「デリシャス・アンダーグラウンド」 日本で働く外国人が増加する一方、外国人労働者トラブルも後を絶たない。 身近にいるのにあまり知らない外国人労働者問題を知恵と勇気と美味で解決する漫画。 (原作石…

映画/「男はつらいよ 寅次郎相合傘」懐かし映画感想

日本中を旅して巡る寅さんは、東北のとある田舎町にて蒸発してきた中年男と出会った。 心配した寅さんはさくらに男の家族に連絡するよう命じつつ、男と共に旅を続ける。 ある日、函館で偶然リリーと再会。 ドサ周りの歌手に戻ったリリーを加え3人は楽しい旅…

映画/「アジョシ」懐かし映画感想

「アジョシ」は2010年の韓国興行収入1位を記録した韓国映画。 主演は当時の韓流ブームの立役者「韓流四天王」の1人ウォンビン。 (「愛の不時着」のヒョンビンとは全くの別人よ) ちなみにアジョシとは韓国語でおじさんの事。 (「アジョシ」イ・ジョンボム監…

映画/「黒い雨」懐かし映画感想

映画「黒い雨」は1989年公開の日本映画 原作は井伏鱒二の同名小説 放射能の二次被爆の恐ろしさや被爆者への差別などを、声高に訴えるでもなく、モノクロ映像で淡々と見せる (「黒い雨」1989年/今村昌平監督/123分) ピンぼけ写真でごめんなさいね 被爆後遺…

映画/「天城越え」懐かし映画感想

1983年(昭和58年)の松本清張の短編小説が原作のサスペンス映画。 (1983年/99分/三村晴彦監督) あなたと越えたい天城越え 静岡で印刷屋を営む小野寺(平幹二郎)のもとへ田島と名乗る老人(渡瀬恒彦)が訪れ、ある印刷を依頼するがそれは「天城山の土工殺…

映画/「さらば、わが愛 覇王別姫」懐かし映画感想

7月に4K版が全国で順次公開!スクリーンでレスリーに会わねば 幼い頃から京劇養成所で厳しい訓練を受けながら兄弟のように育った2人。 しかし子どもを京劇役者として育てしかも至難の芸を身につけさせるというのはまさに極限の行為である。 過酷な指導は子…

映画/「必死剣鳥刺し」懐かし映画感想

死んだと見えた主人公が一瞬で繰り出す秘剣がかなりのスゴ技 仕掛人・藤枝梅安役がハマってた豊川悦司さん主演の2010年の映画作品。 原作は藤沢周平の隠し剣シリーズの一篇「必死剣鳥刺し」。 江戸時代の東北の小藩・海坂藩が舞台です。 (「必死剣鳥刺し」2…

映画/「ベニスに死す」懐かし映画感想

(「ベニスに死す」1971年/ルキノ・ヴィスコンティ監督/130分) 仄暗い夜明け前の海を蒸気船は黒い煙を吐きながら静かに進んでいきます。 マーラーの交響曲第5番第4楽章Adagiettoが厳かに流れる1911年のベニスです。 映画の代名詞のようになったこの名曲は、…

オスカー・ワイルド/BL日記②

ご存知のようにイングランドで同性愛が合法化されたのは1967年と割と最近です。 映画「モーリス」では、主人公モーリス(ジェームズ・ウィルビー)と愛し合うクライヴ(ヒュー・グラント)が、学生時代の友人が同性愛者として逮捕されたのを知り愕然とするシ…

映画/「仕掛人・藤枝梅安」新作映画感想

もう何度も実写化されておりますが・・・「仕掛人・藤枝梅安」が映画化とな! なぜに今? と思いましたら、なんでも2023年は原作者の池波正太郎生誕百年だそうですよ。 (「仕掛人・藤枝梅安」河毛俊作監督/134分)) 藤枝梅安(豊川悦司)は品川台町に住む…

映画/「カストラート」

古い話で恐縮ですが、ポスト24年組のひとりたらさわみちには「バイエルンの天使」という代表シリーズがありますが、竹宮恵子がウイーン少年合唱団の大ファンだったのは有名な話ですから彼女のアシスタントをしていたたらさわが少年合唱団の漫画を描いたの…

映画/「ブータン山の教室」チョット前の映画感想

ご挨拶 昨年度はお付き合い賜り 誠にありがとうございました。 遅ればせながら 本年もよろしくお願い申し上げます。 映画/「ブータン山の教室」 パオ・チョニン・ドルジ監督 2021年公開/110分 これは新年にふさわしい心が洗われるようなブータン映画でしてね…

映画/「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」懐かし映画感想

アマプラで懐かし映画を観ちゃいました。 2008年の韓国映画「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」です。 (「アンティーク西洋骨董洋菓子店」2008年/韓国/ミン・ギュドン監督/111分) これはよしながふみの漫画「西洋骨董洋菓子店」が原作でして、日本ではタ…

映画/「人間の証明」母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね?

人間の証明は1977年の日本映画。 森村誠一の同名小説を映画化した作品。 日本とニューヨークを舞台に繰り広げられるサスペンス。 (「人間の証明」佐藤純彌監督/1977年/132分) まずはふわっとしたあらすじですが、東京赤坂のロイヤルホテルでは今まさに…

映画/「エルヴィス」オースティン・バトラーなりきりステージに心拍数上がりまくり

あたくしエルヴィス・プレスリーのことは名前と顔しか知らなかったのですが・・・ わずかな知識と言えば、失礼ながら細身とは言えない体形の白いジャンプスーツ姿ですとか。 死去したとき42才の若さだったと知り驚きました。 50代くらいかと思ってた(ホ…

映画/「知られざるマリリン・モンロー 残されたテープ」人生そのものが映画のような人だ

あたしの場合、不意にやって来る「ブログネタ切れ症候群」 今週は病が重いのでとりあえず 昨日ネットフリックスで見た映画の感想でも書くんべえ。 (「知られざるマリリン・モンロー残されたテープ」/2022年/アメリカ/エマ・クーパー監督/101分) あ…

映画/「世界で一番美しい少年」

(「世界で一番美しい少年」監督クリスティーナリンドストロム&クリスティアン・べトリ/98分/2021年/スウェーデン) ビョルン・アンドレセンという人をご存知でしょうが、彼は巨匠ルキノ・ヴィスコンティの1971年の映画「ベニスに死す」に出演した人…

映画/「レボリューショナリー・ロード/ 燃え尽きるまで」

レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット主演の2009年公開の映画。ある夫婦の夢や葛藤を描いた人間ドラマ。 (「レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで」/サム・メンデス監督/125分/2008年/アメリカ) 結婚が幻想だと気づいた時 …

映画/「ハウス・オブ・グッチ」

1995年3月27日。GUCCI創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオ・グッチがミラノで何者かにより殺害された。 サラ・ゲイ・フォーデンの原作「ハウス・オブ・グッチ」をもとに、リドリー・スコットが映画化。グッチ一族の確執の中で…

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。 小生の今年の抱負はですね、このブログの更新をもっと頑張ります。 なんか仕事から帰ってくるともう疲れてるんで、ブログ書く時間がなかなか取れなくて、まあ趣味でやってるんだから書ける時書けばいいやって言い訳ばかり…

映画/「劇場版 きのう何食べた?」

原作も秀逸だけど実写版もサイコー! (「劇場版きのう何食べた?」中江和仁監督/120分/日本) 相変わらずこのお二人の再現度高いよね~ もう今年あと1ヶ月ないじゃん! と気づいたその日から「これは面白かったから後で感想をブログに書こう」と思ったま…

映画/「燃えよ剣」

(「燃えよ剣」原田眞人監督/148分/2021年) 映画「燃えよ剣」やっと見ちゃったぜ。 言わずと知れた新選組の土方歳三を描いた作品だ。 コロナのせいで公開が遅れて、いつ見れるんだろうとずっと待ってたから待望の作品だったのよ。 この映画の原作は昭和30…

映画/「アイヌモシㇼ」

(「アイヌモシリ」2020年/福永壮志監督/84分) 「ゴールデンカムイ」はアイヌ民族がカッコ良くて面白くてとても魅力的に描かれてる。 あの漫画を読んでアイヌ文化に興味を抱いた人も少なくないと思う。 この映画は昨年上映されたんですが見る前は正直…

映画/「黒い雨」

(「黒い雨」1989年/今村昌平監督/123分) 昭和20年8月6日の朝、広島市に原爆が投下された。 閑間重松(北村和夫)は駅で被爆し顔に軽い傷を負い原爆病であると診断されていたが、妻のシゲ子(市原悦子)は自宅にいて怪我もなく、姪の矢須子(田中…

映画/「泥の河」

懐かし映画をひとつ。 (「泥の河」1981年/小栗康平監督/105分) 原作は宮本輝さんの同名小説。 昭和31年の大阪で、川の側でうどん屋を営む家の男の子と対岸に繋がれた廓船に住む姉と弟との出会いと別れの物語だ。 最近家でチョイ古めの映画を好ん…

映画/「彼らは生きていた」

新型コロナで映画館に行く事もなくなったけど、最後に映画館に行ったのはいつだったかしらと思い出してみる。 この映画を見た時は確かトイレットペーパーが店頭からなくなってしまったんだよね。 あの騒ぎは何だったのだろうか。 (「彼らは生きていた」/2…

映画/「6才のボクが、大人になるまで。」

(「6才のボクが、大人になるまで。」2014年アメリカ/165分/リチャード・リンクレイター監督」) 懐かし映画をひとつ。 まずはザックリあらすじから。 メイソン(エラー・コルトレーン)はママ(パトリシア・アークエット)と姉のサマンサ(ローレライ・リ…

映画/「ジョジョ・ラビット」

(「ジョジョラビット」2019年アメリカ/109分/タイカ・ワイティティ監督) 第二次世界大戦中のドイツ。 10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)はヒトラー・ユーゲントのキャンプに初めて参加するのである。 鏡に映った真新しいユーゲントの制服に…

映画/「幻の光」

懐かし映画をひとつ。 たまには邦画。 (「幻の光」1995年/110分/是枝裕和監督) 宮本輝の小説を1995年に是枝裕和監督が映画化。 主演は江角マキコさん。 尼崎の工場町で暮らすゆみ子(江角マキコ)は25歳で郁夫(浅野忠信)と結婚した。 工場で働く郁夫との…